教育というのは、とにかくお金がかかります。
子供の教育に関して思う事

教育ローンには公的なものと民間のものがある

教育というのは、とにかくお金がかかります。高校や大学まで進学させるとなるとそれなりの費用がかかりますので、経済的な余裕がない方は教育ローンをうまく使って進学しています。公立ないし国立の大学でもある程度の費用はかかるのに、まして私立の大学に入学するとなると、もっと費用がかかります。

そこで、頼りになるのが教育ローンです。このローンは他の一般的なローンと異なり、教育というのは欠かすことができないものであると考えられているため、他の一般的なローンよりも金利が低く設定されています。ですから、多くの方が利用されています。また教育ローンには、大きく分けると国が扱う公的機関の教育ローンと銀行や信用金庫などが取り扱う民間の教育ローンとがあります。どちらも、メリットもあれば、デメリットもあります。

公的機関の教育ローンのメリットは、金利がかなり優遇されている点です。一方で民間の教育ローンのメリットは、融資額の限度幅が高いという点が挙げられます。公的機関の教育ローンよりも融資額が高いため、学費がかかる薬学部や医学部などにも対応が可能です。逆に公的機関の教育ローンのデメリットは、融資の条件が厳しいことです。一方、民間の教育ローンのデメリットは金利が公的機関の教育ローンに比べると高いことです。

関連サイト