進学する際にお金が不足している場合に、その不足分を補うのが教育ローンであります。
子供の教育に関して思う事

教育ローンの概要について

進学する際にお金が不足している場合に、その不足分を補うのが教育ローンであります。ローンという言葉が付いている以上、いわば借金をすることになり、一時的にお金を借りるわけです。進学費用を補足する方法として、教育ローン以外にも奨学金などがあります。しかし、奨学金の適用を受けるには相当厳しい条件をクリアする必要があります。ですから、奨学金の適用を受けるのが難しいようなケースであれば、教育ローンを利用することになります。

教育ローンは、そもそも教育のためという目的が明確になっていますので、通常の一般的なローンよりかは金利が優遇されています。さらに、教育ローンには公的機関と民間機関の両方があります。前者の方が金利は低いですが、こちらは民間機関と比べると適用の条件が厳しめとなっています。後者の方は、公的機関よりかは金利は高くなりますが、それだけ適用条件が緩和されていることもあり、教育ローンを利用しやすくなっています。どちらも、メリットとデメリットがあります。

また最近の教育ローンは、申し込み手続きが便利になってきています。現代社会はインターネット社会でありますので、教育ローンの申し込みをする際には、今ではインターネットから申し込むことができるようになっていますので、とても便利です。

関連サイト