幼児期からの教育は近年では一般的になりつつあり、他の時期の教育以上に心と能力の両面を育てる大切な時期と言われています。
子供の教育に関して思う事

幼児教育の本来の目的は豊かさのある能力アップ

幼児期からの教育は近年では一般的になりつつあり、他の時期の教育以上に心と能力の両面を育てる大切な時期と言われています。幼児期というのは、喜怒哀楽の感じ方などにおいて第一段階の心と能力の成立時期と言われており、この大事な時期を親や周囲とどうコミュニケーションを図るかによって心と能力のバランスが異なってきます。一般的に将来ラクに物事を運べるように道を作ってあげたい親が線路をひき、そのレールを走ることで将来安泰となる設計が親心とされ、親の意見が通りそのまま実行されてきたものの、幼児教育の基本というものは、人生を豊かにする能力を育成することです。教育業界において、ただ単に教える行為は、出来る・出来ないの評価だけに留まり、勉強嫌いの子供に育つことへと結びついてしまうと考えられています。

幼くとも子供自身が体験して、自らの意思で学ぶことで達成の喜びを感じることができるのが幼児教育に言える事柄です。近年、幼児が持つ色々な芽を引き出すことのできるメソッドやカリキュラムが提案されており、脳の9割は短い幼児期までに出来上がるため、思考力・探求心・協調性・創造性などの基礎が育つように教え、育む教室を展開してくれています。