近年、幼児向け教育で話題を集めているのがバイリンガル教育で、世界中で通じる共通語を必要とし、英会話教室やインターナショナルスクールに通わせる家庭も増えはじめています。
子供の教育に関して思う事

話題を集めているバイリンガル教育

近年、幼児向け教育で話題を集めているのがバイリンガル教育で、世界中で通じる共通語を必要とし、英会話教室やインターナショナルスクールに通わせる家庭も増えはじめています。近年、小学校はもちろん、幼稚園や保育園などの幼児施設においてもカリキュラムが実施されるようになり、グローバルな環境に適応できる脳の発達を早い段階から育む家庭が増え出しています。バイリンガル教育の魅力の1つは脳の活動にあり、母国語のみの会話と異なる脳をフル回転させる特徴を持っています。例えば、矛盾となる情報に対して前頭前野だけではなくブローカ野も駆使するため、脳は常に活性化された状態をキープすることができます。また2つの言語を理解することにより、1つの見解ではなく、多方面から物事を捉えることができるようになります。

幼児期からバイリンガル教育を受けることによって、理解力はもちろん、より多くの人とコミュニケーションを図りたい欲求が湧き出てきます。一般的にビデオ教材やテレビで耳から情報を得る学習を行う家庭も少なくなく、注意したい点となるのが幼児は実物から教えられた物事の方の理解力が高く、画面から見たものの理解が低いことです。そのため、ネイティブな言語指導は専門の教室に通い、初めのウチは遊びながら、言葉のシャワーを耳から浴びて脳を慣らしながら学習させることがポイントとなります。

関連サイト