大脳の発達には学びが必要であり、早ければ早いだけ天才児を作り上げることに繋がる報告もあがっています。
子供の教育に関して思う事

幼児教育を提案する教室選び

大脳の発達には学びが必要であり、早ければ早いだけ天才児を作り上げることに繋がる報告もあがっています。幼児の早期教育には親の意見が大きく関与しているため、幼児の感情が消極的になりやすいデメリットが挙げられており、親子で楽しめるカリキュラムに取り組むことが幼い子供の脳と心を育むことができると注目されています。早期での幼児教育の中にも遊びをしっかり取り入れた教材やカリキュラムが提案されていますが、ポイントとなるのが本来の遊びとの違いで、自発的に作るのが本来の遊び方であり、集団遊びの中で協調性を育むことができる魅力が挙げられます。なので教室選びでは、賑やかな空間や様々な性格の生徒が多数通う教室選びも必要とされています。

また、早期の場合の教育では言葉で理解したり、考えを返す言語が未発達であるため、目と耳で情報を捉えて反応するパターン教材での教えが一般的です。このことにより創造性の発達が抑制されてしまい、受け身的な行動を取る問題点も挙げられているため、教室選びでは個性を伸ばしてくれる環境を求めることも幼児にとっても親にとっても必要となり、同じ年齢でもそれぞれ子供の発達段階は異なり、我が子の発達具合を踏まえて無理なくスタートさせることが最も大切です。

関連サイト