今、お母さん達の間で人気になっている幼児教育。
子供の教育に関して思う事

幼児教育のメリットとデメリット

今、お母さん達の間で人気になっている幼児教育。出来るだけ早いうちから幼児教育を受ける事で、脳の発達を促す事が出来ます。ではこの幼児教育ですが、メリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。まずメリットとして、脳の吸収率が高い乳幼児の時期から幼児教育を受ける事で、脳へ刺激を与え、成長を促す事が出来ます。また、楽しみながら学んでいく事で、感性を豊かにし、知能をアップさせる事が出来るでしょう。やはり脳の吸収率が高い乳幼児期にそういった教育を受ける事で、より脳の発達を大きくする事が出来ます。では逆にデメリットはどうでしょうか。早期から幼児教育の教室に通う事で、親子でのコミュニケーションの時間が少なくなる可能性があります。

もちろん幼児教育ではお母さんやお父さんも一緒に参加する事が出来ますが、幼児教室では体験できない、親子で旅行に行ったりという様な、親子だけの濃厚な時間が少なくなってしまうという事があげられます。また与えられた受身の学習になってしまうので、その分子供の自発性が限られてしまうということがあります。外で遊んで、自ら何かをして経験するという事が少なくなってしまうので、そういった部分では幼児教育の在り方について考えさせられる部分もあるのではないでしょうか。

関連サイト