現在は英語の勉強をするときに便利な道具があります。
子供の教育に関して思う事

英語教育において単語を調べない勉強方法

現在は英語の勉強をするときに便利な道具があります。それは英和辞典です。英語の単語を日本語ではどういった意味になるのかをアルファベット順に並べてくれています。ですからわからない英単語があればこれを使って調べることができます。さらに最近では電子辞書が一般的で、多くの学生はこれを使って単語の意味を調べています。

英語教育において単語を調べるかどうかがあります。定期テストにおいては基本的には教科書の内容が出題されます。ですから事前に教科書を読み、単語を調べておいて日本語での意味合いなどを覚えておきます。文法なども授業で習った部分を覚えたりします。では入学試験であったり、検定試験などではその方法を使うことができるかです。

基本的には英和辞典、電子辞書、そのほか単語を調べられたり記録したものを持ち込めません。つまりは英文を読もうとする時にわからない単語が出てきてもその場で調べたりすることはできません。わからない単語が出てきてすぐに調べる癖がついていると試験などで先に読み進められません。最終的には調べてもいいですが、まずは調べずに意味を類推しながら読み進める癖をつけます。そして気になる単語は後で調べます。そうすると試験などでも類推する力がつきます。

関連サイト