英語に最初に触れるといえば日常生活でしょう。
子供の教育に関して思う事

英語の教育では英語の必要性を学べるようにする

英語に最初に触れるといえば日常生活でしょう。街中にも適度に英語があります。アルファベットのこともありますしカタカナで表記されることもあります。英語が日本語になってそのまま使われていることもあります。その後中学になって本格的に勉強を始めます。それまでisの意味がわからなかったのがわかってすっきりした記憶があります。

英語教育においては英文法を中心に行われることが多いようです。初歩的な英文法から徐々に発展した英文法を学んでいきます。しかしそれを実際に使うことはあまりありません。ですから勉強方法は覚えるしかありません。覚えたら忘れるのが一般的で、英語に興味を持っていない人はテスト前に覚えてそのあと忘れることが多いでしょう。

しかし今の世の中において英語は非常に重要になっています。英会話をすることがなくても、インターネット上では英語で色々な情報が出されています。日本語訳があるから言いと考えていると問題で、訳者の考えが入ると意味合いが大きく異なります。できれば英語の必要性も一緒に学べるようになると良いかもしれません。英語を学ぶだけでなく、英語で何かをすることが学校の勉強の中で加わると勉強のやり方も理解度も変わっていくでしょう。

関連サイト