夏休みになると夏休みの宿題を出されることがあります。
子供の教育に関して思う事

計画を立てて勉強をする教育方法

夏休みになると夏休みの宿題を出されることがあります。約1箇月授業がなく日々の宿題がありませんから、その分大量の宿題を一気に出されます。8月の終わりになって全く手をつけていない状態だと終らせるのに苦労することがあります。人によっては最初の1週間ぐらいでまとめてしてしまって後は夏休みを満喫する人もいます。

学校の教育の意図からすると、できれば計画をしっかり立てて勉強して欲しいのでしょう。スケジュール表などを渡されることがあります。とはいえ小学生ぐらいだとどのように使えばいいかわかる子は少ないでしょう。先生からも計画的にとは言われますが具体的にどのように行えばよいのかわからないこともあります。

計画においては、一つの計画で全てを行おうとしないことが大事です。長期計画、中期計画、短期計画などに分けます。勉強の長期計画は1年以上先のことでしょう。大学受験の日があればその日にピークになるように計画を立てます。中期計画は1箇月から数箇月ぐらいの計画です。夏休みまでにこうする、夏休み間にこうするなどです。短期計画は1日のスケジュールです。今日は何ページまで行う、どこまで覚えるなどをします。計画を立てて勉強をする癖をつけるようにします。

関連サイト