学校の授業を受けている時に眠気に襲われることがあります。
子供の教育に関して思う事

教育の方法に昼間に適度の昼寝

学校の授業を受けている時に眠気に襲われることがあります。一生懸命目を開け続けようとしますがまぶたが非常に重たいです。うとうとしていたらチョークが飛んできてやっと目を覚ますことがあります。理由としては寝不足であったり、授業の内容が面白くない、理解できていない、興味を持てていないなどがあるのでしょう。

1日において寝る時間といえば基本的には夜になります。7時間から8時間ぐらい寝るのが良いとされていて、それより短くても、また長すぎても良くないとされています。ではそれ以外に寝るのは良くないかですが、ある教育方法として適度に昼寝をするのがよい効果をもたらすことがあるようです。意識的に昼寝の時間を設けているようです。

昼休みは大体1時間ぐらいあります。昼食をとったり、友達と話をする、グラウンドで運動をするなど人によって過ごし方はあるでしょう。その時間の中で次の授業が始まる15分前から昼寝タイムが始まります。その時間は席に座ってうつぶせになったり、目を閉じたりして眠ります。実際に眠る必要はなく、視界をさえぎるようにして過ごします。目からの情報を入れないだけでも休めることができます。昼寝はしすぎると逆によくないので短時間で切り上げるようにします。

関連サイト