好きなことをしていると時間がいつの間にか過ぎていることがあるでしょう。
子供の教育に関して思う事

集中力を高める教育方法として好きなことをする

好きなことをしていると時間がいつの間にか過ぎていることがあるでしょう。一方そうでないことはいつまでたっても時間が過ぎてくれません。そしてそのうち眠たくなってきて集中力が途切れてしまうことがあります。勉強においてはこのようなことは良くあります。せっかく机に向かったのに10分ぐらいで睡魔が襲ってくることがあります。

いくら勉強する気があってもこれを繰り返していては中々効率は上がりませんし実力も上がりません。この時の教育方法として、好きなことから行うようにします。勉強の中でも好きな科目、分野などがあるでしょう。そこから行うようにします。好きなことですから時間を忘れるようにできます。そうすると勉強する下地が作れます。

その勢いのままあまり好きでない項目に移ります。そうすれば眠気を感じず、集中して行えるようになります。自習室などで決まった時間勉強することができるなら最初にその日のスケジュールを決めます。社会が得意で英語が苦手なら最初は社会から始めます。そしてその次に苦手な英語を行います。苦手科目の後にも好きな科目を入れて集中力が途切れそうになるのを防ぐようにします。苦手な科目も勉強時間が増えてわかるようになると楽しくなります。

関連サイト