良い教育制度というは、要するにあまり負担が個人にいかないような制度です。
子供の教育に関して思う事

良い教育制度というのは

良い教育制度というは、要するにあまり負担が個人にいかないような制度です。どうしても学ぶことにはお金がかかることになります。そこが非常に大きな問題になりますから、しっかりと制度を作る必要があります。元々、給食制度なんかはそうした側面があったことになります。今では殆どその本来の目的には関係ないことになっていますが、一応は子供の栄養について云々、という理由付けはされています。しかし、重要であったのは、食い扶持でもあったわけです。要するに学校に行けばご飯を食べることができる、ということが大きなメリットであったわけです。教育云々の目的も大事ではありますが、切実にそうしたことに配慮しないといけない時代もあったわけです。今はそこまでではないことが多いですし、様々な援助がありますので、心配無用になります。

しかし、それでもやはり個人に負担が行くことはあります。そのあたりに改良の余地はありますが、基本的にはどうしてもある程度は家庭に負担してもらわないといけないことも多いです。国庫が充実しているとは言いがたいですが、それでも教育に関する予算はしっかりと確保して、制度を維持していく義務が大人にはしっかりとあります。

関連サイト