金融教育を子供にするべきであるといえます。
子供の教育に関して思う事

金融教育に関しては今は

金融教育を子供にするべきであるといえます。言うまでもありませんが、金儲けの手段を教えるのではなく、あくまで金融の仕組みなどを教えるべきである、と言うことです。それこそ、金利の計算すらできない人もいます。そこが実はかなり大変なことでもあります。何しろ、大人になってから、お金を借りる可能性というのは非常に高いです。何パーセント以上の金利、というのは厳しい、ということくらいは知っておいたほうが良いです。もちろん、その時々の情勢があることは確かであるといえますが、はっきりいって、借りる時の金利としてまったく相応しくない、ということがあるので、知識として知っておいたほうが良いのは間違いないことであるといえます。そうすることによって、少なくとも損をすることを回避できるようになります。これはとてもよいことであるといえます。

金融の知識があれば、それで経済が回っているかどうか、と言うことを知ることができるようになります。はっきりいって、これからはとても重要視される知識になります。小学生くらいから学ばせる価値があります。但し、金儲けの手段としての知識にならないようにすることが大事なことであるといえます。そこはかなり肝心です。

関連サイト