金融機関というのは、とにかく経済にとって大事なことです。
子供の教育に関して思う事

金融に関する教育をする

金融機関というのは、とにかく経済にとって大事なことです。しかし、それでも日本人はそんなに金融に関して詳しいことがないので、そこが問題になっています。つまりは、金融教育が足りない、と言うことになります。それをよく認識しておくべきであるといえます。そこがとても大事なことであるといえますから、しっかりと教育についてよく考えるべきことになります。焦ることはありませんが、小学生のときからやっておいたほうが良いこともあります。例えば、金融機関の役割なんかは知っておいたほうが良い、ということになります。それはとてもメリットがあることになりますから、それを知っておくべきであり、だからこそ、教育に加えるべきことになります。学校の教育でもやっていることではありますが、頼り切ることはよくないことでもあります。ですから、自分で学ぼうとする意識を強く持つべきであるといえます。

そうすることが自分の為になります。金融教育というのは、どうしても金儲けの手段、ということを意識してしまうことになります。ですから、そうならないようにあくまで仕組み自体をよく学ぶべきであるといえます。そうすることがとても大事なことになります。