教育の仕組みというのは、しっかりと考える必要があります。
子供の教育に関して思う事

教育の仕組みというのは

教育の仕組みというのは、しっかりと考える必要があります。そうしないと中々上手くいかないことは確かであると言えるからです。要するに義務教育の制度を作り、それを運用すれば、勝手に国民の知識、学力というのは伸びていくのか、というとそうではないからです。経済に見合った制度を作ることが大事であるといえます。特に途上国では子供はどうしても労働力として期待されていることがあるからです。つまりは、制度を作る、ということは大事ではありますが、運用されることが大事であるといえますから、それを忘れないことです。言うまでもありませんが、人によっては相当、難しいことにもなります。教育というのは、単純に勉強すればよい、ということではありませんから、仕組みをしっかりと作らないといけない、ということになります。出来るだけ、実学を重視する方向性であることもありますし、教養を大事にするときにもあります。

言うまでもありませんが、基本的にはそれが目的で実施していることでもあるからです。日本では義務教育というのがありますが、それだけではないです。私学で色々と学ぶことができるところもあります。なんといっても、教養を重要している国でもあるからです。

関連サイト