金融に関する教育というのは、意外と大事なことであるといえます。
子供の教育に関して思う事

金融に関する教育というのは

金融に関する教育というのは、意外と大事なことであるといえます。日本では、どうしてもそれがかなりレベルが低いことがあります。これは色々と理由があるわけですが、まず第一になんといっても、金融に関する偏見があるからです。それは金で金を稼いでいるから、非道徳的である、ということです。そうした側面がないとはいいませんが、極めて偏見ではあります。なんといっても、今現在、日本だけでは無く、世界経済はそうした形で回っているわけです。金は天下の回り物、というのはあながち間違っていない言葉であり、だからこそ、しっかりと金融に関する知識は持っておくべきであるといえます。それによって、色々とメリットが出てきます。少なくとも損をすることを回避できるようになります。過熱する投機を押さえ込むことができるときもあります。そうしたメリットがあるからこそ、国民の金融教育は大事であるわけです。

しかし、中々日本では普及しないことでもあります。どうしても金儲けの手段、という意識が強い知識になってしまうわけですから、忌避されていることがあります。それはよくないことであるといえますから、あくまで個人的にでも子供には金融の教育をしておいたほうがよいです。

関連サイト