教育の為の資金というのは、国としても大変なことはありますし、また、場合によっては、個人でもかなり計画を練る必要性があることがあります。
子供の教育に関して思う事

教育のための資金というのは

教育の為の資金というのは、国としても大変なことはありますし、また、場合によっては、個人でもかなり計画を練る必要性があることがあります。そこが難しい点であり、極めてよく考える必要があるところでもあります。まず、義務教育についてですが、これは基本的に無料であるべきではありますが、一部負担もあります。給食費なんかはこれに該当することであり、意外と未納が問題になっていたりします。また、学費なんかも高いところもあります。言うまでもありませんが、私学に関しては特に国が個別に援助するべきではないです。公立がある以上はそちらにいくべきですし、私学にもよいところはありますし、いくのは自由であるべきではありますが、それはあくまでなんといっても、自分の勝手であるからです。どうしても私学しかない、ということはないからです。

そこをよく認識して、教育について考えるべきです。高校も最早、事実上の義務教育の域に達しているわけですから、それなりに援助はするべきであるといえます。そのあたりの判断は時代によって変化することになります。それでも基本的には高等教育はすべての国民に受けさせる機会を増やすべきであるといえます。それが国のためでもあります。

関連サイト