学校の先生は、聖職者と呼ばれることもある神聖なる職業です。
子供の教育に関して思う事

教育者になるために必要な素養とは

学校の先生は、聖職者と呼ばれることもある神聖なる職業です。教育者として以前に、まずは人間として立派でなくてはならないので、普通の人には中々務まるものではありません。常に中立的で公平な行動が求められますし、非常に高い倫理観も要求されます。政治的にも中立であることが望ましいですし、人生経験も豊富であるに越したことはありません。もちろん、自分が教えることになる分野については誰よりも詳しくなくては行けません。ですから、学校の先生になるためには大学に入って、しっかりと単位を取得しなくてはならなくなっているわけです。高度な専門性が必要で、まともに独り立ちしようと思うならある程度の長さの経験も必要です。

他にも、生徒たちと良好な人間関係を構築するためにはユーモアのセンスもなくてはなりません。仕事はたくさんありますから、時間を賢く使う工夫も求められます。学校には夏休みがありますが、先生は夏休みにも学校に行って仕事をしなくてはなりません。夏休みにも仕事はたくさんあるので、とてもハードです。ときには大変さのあまり、リタイアしてしまう人もいますから、世間では先生の負担をどのように軽減できるのかが議論されたりしています。

関連サイト