船に乗って世界を移動しながら学習が可能な教育施設があるとされています。
子供の教育に関して思う事

船に乗って学習が可能な教育施設

船に乗って世界を移動しながら学習が可能な教育施設があるとされています。そういった施設は世界で2番目に面積が広い国にあり、進学を目的とした学習機関だと言われています。建てられたのは1980年代半ばで、ヒストリーとしては少し浅いですが、我が国の学習機関で見られる椅子に座って机で勉強するというスタイルと違っている部分で、斬新奇抜な学習法だと言えます。

こういう学習機関では4つの大陸、200を超える場所へ行くのが可能となっていて、ボランティア活動といった並の学習機関では味わう機会が少ない活動が行なえます。我が国の学生が在籍していた過去もあるそうです。応募するための要件は16歳から18歳までとされていて、成績は言うまでもなく、泳げるといった要件などが欠かせないとされています。また、生徒の数は数十名と少なく、年間の学費もかなり高価とされています。なお、2000年代の後半からは船での学習のスパンは半年ほどになっているとされています。

学費が高額で、応募要件が厳しい部分がネックですが、普通の教育現場では味わえない経験を行えるというのは素晴らしいと言えますし、旅行している気分で学習が可能だというのもお得な部分だと考えられます。

関連サイト